映画制作・プロデュース・ワークショップ運営のことなら

映画24区

映画24区スクール

会社概要

会社名 株式会社 映画24区
住所 〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-20-8 千駄ヶ谷S'ビルB1
電話番号 03-3497-8824
FAX番号 03-3497-9824
代表 三谷一夫

【代表者プロフィール】
1975年兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部を卒業後、10年間東京三菱銀行にてエンタメ系企業の支援に従事。2008年に映画「パッチギ!」「フラガール」を生んだ映画会社の経営に参画し企業再生を成立。2009年に「意欲的な映画づくり」「映画人の育成」を掲げて株式会社映画24区を設立。気鋭の映画監督とタッグを組み、自社スクールから輩出した若手の俳優や脚本家を積極的に起用した映画製作を続けている。また、近年は映画を地域創生に活用した取り組みに力を入れており、全国の自治体や地場企業と組んだ映画プロデュース企画や作品が多い(山形、京都、熊本、山梨など実績多数)

近年の編著書に『俳優の演技訓練(2013年/フィルムアート社)』がある。
2016年6月に『俳優の教科書(フィルムアート社)』が刊行予定。

関西学院大学経済学部講師(2013年~現在)
早稲田大学オープンカレッジ講師(2015年~現在)

設立年月 2009年4月
沿革 2009年 映画24区創業(映画製作開始)
2011年 映画24区スクール開講
2013年 映画24区スクール京都(現シネマカレッジ京都)開講
2015年 映画24区スクール山形(現スタジオセディック)開講
2016年 映画24区ローカル設立
主な事業内容 映画・TVドラマ・CM・PV・舞台の企画・制作
映画学校の運営(東京、京都、山形)
映画を活用した地域プロデュース
主な作品実績 2010年 PV『POLA the movie~銀の流れ~(吉田康弘監督)』制作
2012年 PV『下着にまつわる物語(永田琴監督)』制作
2012年 映画『傷跡(冨樫森監督)』『1+1=11(矢崎仁司監督)』製作
2012年 映画『1+1=11(矢崎仁司監督)』製作
2013年 映画『夏がはじまる(冨樫森監督)』製作
2013年 映画『砂をつかんで立ちあがれ(藤澤浩和監督)』
2014年 映画『乙女のレシピ(三原光尋監督)』製作
2014年 映画『父のこころ(谷口正晃監督)』製作
2014年 映画『くらげとあの娘(宮田宗吉監督)』製作
2014年 映画『雪どけ(水元泰嗣監督)』『海鳴り(風間太樹監督)』『雪あかり(橋本光二郎監督)』製作
2015年 TVドラマ『チア☆ドル全10話(藤澤浩和監督)』制作
2016年 舞台『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話(冨樫森演出)』制作
資本金 800万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
主な取引先 ホリプロ、ソニー・ミュージックアーティスツ、東宝芸能等 芸能事務所多数
ポーラ、ワコール、朝日放送、山梨放送、ユニバーサルミュージック、
全国の自治体(山形、京都、宮崎、熊本、山梨等多数)

会社地図

・東京メトロ 副都心線「北参道駅」徒歩5分
・都営大江戸線「国立競技場駅」徒歩10分
・JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩10分
・JR山手線「原宿駅」徒歩15分

ページのトップへ

Copyright © 映画24区 All Rights Reserved.